リバースエンジニアリングとは

リバースエンジニアリングとは、一般的にソフトウェアやハードウェア製品の構造を分解し、分析する事で、製造方法や構成部品、動作やソースコードなどの技術情報を調査する事です。

通常の製品開発においては、顧客先の要求を満たすために、アイデアやイラストから、図面や3DCADモデルを作成したり、試作品を作成して実物を確かめながら製品が出来上がります。設計に限らず、製造現場においても図面や設計情報をもとに、部品や製品を生産します。

これに対し、リバースエンジニアリングは上記工程の逆をたどります。製品や部品を測定して図面や3DCADモデルを作成します。元の設計を活かしたまま、一部の設計を変更し、3Dプリンタなどで出力し、構造や筐体との干渉を検証する事も可能です。設計図を作成する事以外にも、製造方法や動作原理、構造を深く知ることがリバースエンジニアリングです。一般的な製造工程に対して逆(リバース)の工程で進めるので、「リバースエンジニアリング」と呼ばれています。

弊社では、立体形状物を3次元測定(3Dスキャン)を行い、お客様の目的や用途に合わせて編集、3DCADモデリングを行います。スケッチや2D図面からの3DCADの作成や、3DCADから2D図面の作成なども可能です。
また、お客様にてスキャンして頂いたデータをお預かりして、リバースエンジニアリング(3DCAD化)する事も可能です。

リバースエンジニアリングは一見、コピーのように思われるかもしれません。しかし、リバースエンジニアリングは製品を解析する事で、生産にかかるコストや時間を削減し、改良してより良い製品を生み出す手法です。生産コストの削減はSDGsに貢献します。リバースエンジニアリングは法律上は合法ですが、リバースエンジニアリングにより得た情報をもとにコピーする事は違法です。

代表的な3Dデータの種類

点群データ

スキャン後の点群データです。点の集合体から形状が確認できます。検査や空間測量などで使用されます。


STLデータ

スキャン後のSTLデータです。点群を三角パッチで繋ぎ、面として表示されます。主に検査や3Dプリンタで使用されます。

オートサーフェスモデル

スキャンデータに対し、自動でサーフェス面を張り付けたCADです。現物に対して忠実なモデルになりますが、修正や設計変更には適していません。

ソリッドモデル

寸法や幾何情報を基にモデリングされたものです。形状を整えますので現物と差が出ますが、CADソフトにおいて編集、設計変更が可能です。

▼ サービス内容 ▼

リバースエンジニアリングサービス

― 作業の流れ ―

オートサーフェス・ナーバスモデル作成

スキャンデータを基に忠実に自動でサーフェスを貼り付けます。
自由曲面を持つ形状や文化財等の切削加工用データに有効です。

パラメトリックモデル作成

スキャンしたデータの寸法や幾何形状を基にサーフェス及びソリッドモデルを作成します。お客様のお持ちのCADソフトにて編集可能です。

STLメッシュクリーニング

お客様がお持ちのスキャンデータの品質を向上するサービスです。高品質なメッシュデータが必要な場合に当サービスをご利用ください。穴埋めやノイズ除去、間引きや緻密化を行い、より高品質なSTLデータに仕上げてご提供致します。
STLデータは3DプリントやCAD比較、CAE、CAM等にご利用いただけます。

サービスの流れ

1. お問合せ
問い合わせフォーム、電話、メールにてご相談ください。
2. 打ち合わせ・お見積もり
お客様の状況に応じたご提案をさせていただきます。(当社出張3次元測定サービスなど)
サンプル、2次元図面、スキャンデータ等、その他リバースエンジニアリング必要な資料等の送付をお願いいたします。
※お客様がご提示されたスキャンデータに著しい欠陥(スキャンデータのずれ、ノイズ多、スキャン抜け等)がある場合は、
再測定のお願いをする場合がございます。
3. 測定作業
お客様の現場へ出張、又はお預かりしたものを測定致します。
4. モデリング
測定・スキャンデータを基にモデリング化を行います。
ご要望に応じてCADデータから2次元図面の作成も可能です。
5. 納品・サンプルのご返却
お客様のご要望に応じた形式、DVDやUSBメモリ等のメディア、又はデータで納品させていただきます。
データ納品から1週間は各寸法の変更等の軽微な手直しの場合は無料で対応致します。
お客様からお預かりしたサンプルは業務完了後速やかにご返却いたします。

その他お客様のご要望に応じた各種リバースエンジニアリングサービスをご提供します。
お気軽にご相談ください。

PAGE TOP